有限会社さくらぐみ様の導入事例

デュアルワイドディスプレイ導入により大幅作業効率アップ!

有限会社さくらぐみ様
以前の機種 ProLite X436Sを3台
導入機種 PLE2008HDS-B1:2台
PLB2712HDS-B1:1台
導入時期 2009年12月
購入のきっかけ 以前からiiyamaを使っていて、壊れることが一度もなかったので、買い換えるならiiyamaと最初から決めていました。
PLE2008HDS-B1 導入機種
ProLite
E2008HDS
B2712HDS-B1 導入機種
ProLite
B2712HDS
スペックパフォーマンスで選ぶ

コピーライティングやWEB制作を仕事としているため、外出先での打合せやプレゼンテーションには1.5kg以内のモバイルPCが欠かせません。

一方、事務所に戻り仕事をするには、どうしてもモバイルPCの液晶は、画面・文字が小さく長時間作業には向いていません。

約5年前からデュアルディスプレイ(19型スクエア)を導入していましたが、作業効率アップ狙いにでワイドディスプレイに買い替えました。

導入検討の際、一番重要視したスペックはノングレア(非光沢)です。一般的にはグレア(光沢)液晶が標準になりつつありますが、どうしても写り込みが気になり目が疲れるため、ノングレアを選びました。

次は電源内蔵ということ。無線LANブロードバンドルーター、ネットワークHDD、スキャナーなどの周辺機器はACアダプタ製品が多く、コンセントが足りなくて困っていました。電源タップはもう空きがなく、ディスプレイモニタは電源内蔵でと決めていました。

また、ディスプレイ調整メニューも、日本語表示とダイレクト調整(輝度や明るさなど)などの使い勝手を比較し、iiyamaのディスプレイに決めました。

photo

photo

高解像度で快適作業

photo

導入してみてわかったことが画面の広さ。画像やhtmlなどの専用ソフトウェアには、必ずサイドメニューがあります。データベースには高い解像度があると作業効率が違ってきます。

従来は、スクロールをして修正していた作業が、ディスプレイを買い換えてからスクロールせずに作業が出来るようになりました。

変更前のデータと変更後のデータを並べて、違いや変更点を確認するなど、ワイドディスプレイの快適さを実感しました。

目の疲れを軽減させるため、テキスト作業と画像作業時に画面の明るさ調整を、ECOモードダイレクトボタンで調整しています。ON/OFFがボタンを1回押すだけでできるので、切り替えはとても簡単です。

PLB2712HDS-B1は、お客様へのプレゼンテーションや打合せにも活用しています。
小さい画面を何人ものお客様に見ていただくのではなく、大画面でお見せすることにより、全体的なデザインやフォントのバランスなど直感的に見ていただけます。

また、関連資料や従来との違いなどを一つの画面に表示できるので、打合せ時間短縮にもつながりました。
画面の高さや角度が調整できるのもプレゼンテーションには威力を発揮します。

満足できた画質と設置スペース

photo

従来のディスプレイと比較し、輝度・コントラストをはじめ応答速度などのスペックアップを実感しています。アスペクト比固定はもちろん画質の調整項目も増え、作業に合わせた画質調整ができるので満足しています。

小さいオフィスなので設置スペースは限られてしまいますが、従来のスタンドサイズとあまり変わらず、置きかえるだけで済みました。

また筐体の色をホワイトからブラックに変えたので、オフィス全体が重くなるかなあと思っていましたが、感覚的にはブラックにより画面が引き締まって見えるので気に入っています。

また仕事の性質上、WindowsとMacを併用していますが、DVI-Dケーブルが付属しているので助かりました。今回のワイドディスプレイに買い替えは悩みましたが、導入してみると作業効率の快適さは比べ物になりません。本当に良かったと思っています。

導入企業プロフィール

photo

有限会社さくらぐみ
業務内容 Webデザイン、文案作成、コピーライティング
所在地 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀5-12-17-124
URL http://www.sakura93.com/

このページの先頭に戻る