製品情報

  • 液晶ディスプレイ
  • タッチパネル
  • 旧製品
  • 旧製品
  • 法人向け製品対応ディスプレイ一覧
  • 学校教育向けディスプレイ一覧
  • 裏・顔TV出現プロゲーマー独占インタビュー
  • 裏・顔TV出現プロゲーマー独占インタビュー
  • ASCII掲載記事
  • カタログ・各種ソフトウェアダウンロード
  • 導入事例
  • WORLD AWARD
  • iiyama製品のご購入はこちら
  • 今一番の売れ・注目液晶最新ランキングは「iiyama@価格.com」で!
  • iiyama MousePro パソコンとのお買い得セット!ご購入はこちら
  • iiyamaディスプレイ直営店

旧製品

  • 液晶ディスプレイ
  • CRTディスプレイ
  • タッチパネル
  • 小型モニタ
  • PC
  • TV
  • 純正オプション

ProLite XB2472H

PLXB2472H

モデル名 ProLite XB2472H
型番 PLXB2472H-GB2
液晶パネル
※1
LCDパネル種類 VA ノングレア液晶
駆動方式 a-Si TFT アクティブマトリックス
サイズ 対角:61cm(24型) 16:9
最大表示範囲 水平:531.4mm×垂直:298.8mm
画素ピッチ 0.277mm
視野角 左右各89°、上下各89°(標準)
応答速度 12ms(黒→白→黒 標準) 5ms(GtoG ※5)
輝度 250cd/m2(標準)
コントラスト比 5000:1(標準) 5000000:1(ACR機能時 ※4)
表示色 16,777,216色
アナログ走査周波数 水平:30〜75kHz 垂直:55〜70Hz
デジタル走査周波数 水平:30〜75kHz 垂直:55〜70Hz
表示可能解像度※2 1920×1080(最大) 2.1MegaPixels
信号入力コネクタ アナログ D-SUBミニ15ピンコネクタ
デジタル DVI-D24ピンコネクタ(HDCP機能付)/HDMIコネクタ×1
プラグ&プレイ機能 VESA DDC2B対応
入力信号 同期 セパレート同期:TTL, 正極性/負極性
映像 アナログ 0.7Vp-p(標準), 75Ω, 正極性
デジタル DVI(Rev.1.0)準拠、HDMI
入力音声信号 -
音声入力コネクタ -
ヘッドホン端子 対応
USBハブ -
昇降スタンド&スィーベル 対応(130o&左右各45°)
入力電源 DC19V 付属ACアダプタ AC100〜240V 50/60Hz
消費電力 標準 31W(最大50W)
パワーマネージメントモード時 1W(最大)
スピーカー -
外形寸法(幅×高×奥行mm) 570(幅)×438〜568(高)×214.5(奥行)mm
重量 kg(スピーカー、スタンド含む) 6.2kg(3.1kg スタンド含まず)
梱包箱サイズ、総重量 744(幅)×271(高)×423(奥行)mm、8.5kg
角度調節範囲 上方向20°、下方向5°、左右方向各45°
セキュリティー 盗難防止用金具取り付け孔
フリーマウント 100mm×100mm(VESA規格対応)
環境条件 動作時:温度 5〜35℃  湿度10〜80%(結露なきこと)
保管時:温度-20〜60℃ 湿度5〜85%(結露なきこと)
リサイクル 対応
RoHS 6物質 閾値以下(除外項目を除く)
J-Moss対応
jmoss グリーンマーク
保証期間 3年間保証
※LCDパネル、バックライト及びアダプタは「1年間保証」となります。
適合規格 CE(※6)、TUV-Bauart、VCCI-B、グリーン購入法、
国際エネルギースタープログラム(※7)
付属品 信号ケーブル D-SUBミニ15ピンケーブル(1.5m)/DVI-Dケーブル(1.8m)/
HDMIケーブル(1.8m)/電源コード(1.8m)/ACアダプタ(1.0m)
その他 セーフティー&クイックスタートガイド/
保証書(クイックスタートガイド内)
JANコード マーベルブラック PLXB2472H-GB2:4948570111626
※1 TFT液晶画面は非常に精密度の高い技術で作られていますが、ごくわずかの画素欠けや常時点灯する画素がある場合があります。また、見る角度によってすじ状の色むらや明るさのむらが見える場合があります。これは液晶ディスプレイの構造によるもので、故障ではありません。
※2 表示可能な最大解像度以外の低い解像度では、画面拡大処理をしておりますので、表示される文字が、ぼやけたり線が部分的に太くなります。
※3 オーディオ機器未接続時
※4 ACR機能(Advanced Contrast Ratio) 
※5 OD機能On時
※6 2013年1月以降のCEに対応していません。2013年1月以降のCE対応は、2013年1月以降の製造分からの対応予定となります。(対応時期につきましては前後する可能性があります。)
※7 2013年6月1日以降の国際エネルギースタープログラム適合基準には適合しておりません。

このページの先頭に戻る