製品情報

  • 液晶ディスプレイ
  • タッチパネル
  • 旧製品
  • 旧製品
  • 法人向け製品対応ディスプレイ一覧
  • 学校教育向けディスプレイ一覧
  • 裏・顔TV出現プロゲーマー独占インタビュー
  • 裏・顔TV出現プロゲーマー独占インタビュー
  • ASCII掲載記事
  • カタログ・各種ソフトウェアダウンロード
  • 導入事例
  • WORLD AWARD
  • iiyama製品のご購入はこちら
  • 今一番の売れ・注目液晶最新ランキングは「iiyama@価格.com」で!
  • iiyama MousePro パソコンとのお買い得セット!ご購入はこちら
  • iiyamaディスプレイ直営店

タッチパネル

  • 全てを見る
  • 15型
  • 17型
  • 19型
  • 22型
  • 23型

ProLite T2234MC

  • 特徴
  • スペック
  • 印刷する

ATI FireGL時の設定方法

1)画面のプロパティを表示する。

2)設定タブ⇒詳細設定を選択
※PLT2234MCの場合は画面の解像度は「1920x1080」になります。

3)次に"Catalyst Control Center"のタブを選択

4)次に"Catalyst Control Center"のボタンをクリック

5)"Catalyst Control Center"が起動表示する
※PLT2234MCの場合はDisplay「PLT2234」、画面の解像度は「1920x1080」になります。

6)↓のモニター2のイラスト画像をクリックし、下記の表示が出ますので「はい」を選択し、 モニター2を有効にします。

7)設定変更について良いか聞かれますので「Yes」をクリックします。

8)設定後、赤○部分の表示が変更されます。
※PLT2234MCの場合はDisplay「PLT2234」、画面の解像度は「1920x1080」になります。

9)Stretchモード゙(2面マルチ表示)を設定します。
"Desktop 2"のアイコン表示上で右クリックする表示方法が選択が表示され "Stretch Desktop 1 horizontally onto digital panel"をクリックします。

10)設定後、自動的にStretchモード画面(2面マルチ表示)に切り替わり表示します。
設定は赤○部分のように変更されます。
※PLT2234MCの場合はDisplay「PLT2234+PLT2234」、画面の解像度は「3840x2160」になります。

11)設定変更について良いか聞かれますので「Yes」をクリックして設定完了

12)画面プロパティでも同様な表示となります。
※PLT2234MCの場合は画面の解像度は「3840x2160」になります。

このページの先頭に戻る